設計: 安藤忠雄建築研究所
用途: 屋外美術館
所在地:京都府京都市
施工: 1994

 京都府立陶板名画の庭は、京都市左京区の北山にある屋外美術館です。陶板に描かれた名画を屋外で鑑賞できる世界で初めての絵画庭園となっています。

 陶板画は全部で8点展示してあり、 このうち「最後の審判」など4点は1990年に大阪で開催された国際博覧会である「1990年国際花と緑の博覧会」に出品されたもので、「テラスにて」など4点はこの陶板名画の庭のために新しく制作されたものです。

 地上1階、地下2階から構成されるこの建物はその迫力とは裏腹に、閑静な北山通りに静かに建っています。

 北山通りの入り口から見えるのは1階部分であるため、中は意外に広いという印象を受けます。

 地上から入園し緩いスロープの折り返しで段々と下がり、地下2階の高さから再び緩いスロープの折り返しで再び元の地上に戻るという計画となっています。このほとんど地下階にある設計趣旨は、隣の植物園から東山への借景を妨げないためだそうです。

 最初のアプローチから、コンクリート打ちっ放しの壁に沿って長い直線が続くのは安藤忠雄さんらしい設計です。この壁には『鳥獣人物戯画』が埋め込まれており、鑑賞スペースも兼ねています。

 奥に見えている陶板画は、ミケランジェロ『最後の審判』です。ほぼ実物大の大きさらしいので、迫力があります。

 

 下に向かって三層になっている構造ですが、大胆な吹き抜けと、水を落としながら人を誘導する仕掛けによって地下階とは思わせない開放感があります。

 京都の閑静な住宅地である北山に、大胆なコンクリートと水の建築が溶け込んでいるのはすごいです。

 

 北山には安藤忠雄さんが設計した建築が他にもあるので、京都に行った時は、北山を散歩するものいいかもしれません。