就活の時に、どうせ一つの会社にずっと勤めるつもりないし、そこまで本気で就活するつもりはない。と言っている人がたまにいます。

別に転職しながら、キャリアを積んでいくのは全く悪いことではなく、むしろ今の時代に合っている考え方でもあります。

しかし、会社を移ることをためらわない考え方や感覚に陥ると危ないこともあります。

それは、転職しすぎると、再度転職するときに印象が悪くなるという欠点があるのです。



20代で転職する理想の回数

20代にしか当てはまらない訳ではないですが、2回までがセーフと言えます。

セーフと言うのは、3回以上転職すると、キャリアアップ、スキルアップが理由だとすると、一つの会社の滞在期間が短すぎて、スキル身に付いたのか疑わしいのと(本当に実力があり、何を身に付けたのか説明できる人は別です)、会社の労働環境が理由の場合は、3社以上勤めて合わなければ、うちの会社も合わないのではないかと思われる可能性が高いからです。

転職は3回すると、一回はブラック企業に当たるなどといわれており、逆に考えると3/3全てがブラック企業である場合の確率は低いと言えます。

特に、労働環境を理由に転職を考えていたのなら、転職先を決めるのに労働環境が良いところを重点的に探すはずですので、なおさらです。

そのため面接官からは、この人を撮ってもまたいずれ転職されるだろうな。と判断されてしまうことが多いのです。

私が元いた会社でも、20代までの転職回数は2回までが暗黙のラインになっていました。

転職を考えている人は、失敗しても、また転職すればいいじゃんと考えがちですが、それはとても危険です。

20代で3回以上の懸念は何歳で転職しようともずっと残る

20代で3回以上の転職は、20代の再転職の面接の際に懸念材料になるという訳ではなく、今後の転職にずっと影響します。

20代の時の安易な転職履歴が、今後の人生を左右するなんて、まっぴらですよね。
転職活動を失敗しないためにも、よく検討・準備してから、望みましょう。

具体的に何を検討・準備すればよいのか

転職は準備してからといわれても何を?と思うかもしれませんが、準備というか、下調べをとことんしてから転職することが大事です。

私も転職経験者ですが、初めはとにかく早く転職したかったので、ネットで調べて上の方に出てきたサイトに登録して、自分の転職したいタイミングと中途採用をしている会社のタイミングが合った会社の中で転職を考えていました。

しかし、それは転職の良さを活かしきれていないダメなやり方です。

それをすると、また転職するはめになる可能性が高いです。

それではどうすればよいのか。

転職斡旋してくれるエージェントは複数登録する

まず転職斡旋してくれるエージェントは複数登録しておくことです。

エージェントはそれぞれ自分の会社で採用先を探しパイプを繋げているので、エージェントごとに紹介してくれる会社が違うのです。

紹介してくれる会社の中で選ぶことになる場合、紹介してもらえる会社の数を増やすことは必須です。

私の登録しておいて良かったと思うエージェント会社は、

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

面接通過率90%!建築・設備・土木に特化した転職支援サービス

東京での転職も候補に入れるなら

東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

第二新卒を狙う、または一から就職を考え直すという人は、

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

がおすすめです。

基本的に転職のエージェントの登録・説明会・セミナーは無料ですので、転職を何回もしないためにも、出来るだけ多くの会社を見て一回一回を本気で転職することが大切です。

すぐに転職を終わらせようとしない

次に気をつけるべきことは、すぐに転職を終わらせようと焦ることです。

給料に不満があるなどは、時間を多めにかけて転職活動することが出来ますが、会社の労働環境や、人間関係が悩みで転職を考えている人は、そうもいかないでしょう。

そういう場合は、働きながら転職活動することを諦めるのも一つの方法です。

今の会社を辞めてから、ゆっくり自分を取り戻して、それからしっかり転職活動をするというメリハリを着けて、焦って妥協案の企業に就職することのないようにしましょう。

以上を気を付けると、転職がもっと上手くいくはずです!

転職して良かったと思える会社に出会えることを祈っています。