建築業界の人が転職をためらう理由

建築業界は労働時間が長くて給料が安いというイメージが強いです。

そのため、どうせ転職しても労働環境はそんなに変わらないだろうと思いがちです。

特に、建築士の資格を持っていると、せっかく資格を取ったんだから、建築業界以外の業界に転職するのはちょっともったいないし、建築が嫌いなわけではないからそこまではと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、建築会社は思っているより多く、転職活動をしてみると就活の時には知らなかった良い企業が見つかることが多いです。

もちろん転職したあと必ずしも待遇が良くなるわけではありません。

給料が能力に応じて判断すると記載してあれば、その会社で自分がどれだけ価値を出せるかは、転職活動中だと正確には判断することができないからです。

実際に転職活動をした友人で、別の会社に入ってみたものの、それほど活躍することができず、前の会社とあまり変わらなかったと言っていました。

しかし、今の会社に満足していないのなら、どんな転職先があるか見てみるのは大切です。

この会社が建築業界の平均だろうなと思っていたけど、転職サイトを見たら今の会社より良い会社がいっぱいあって、早く知りたかったと言う人がかなり要るからです。

選択肢を作っておくことは大切で、もし色んな会社を見たけど、転職しない方がよいと思ったということならば、それはそれでよいと思います。

しかし、そんなに会社があるとは知らなかったと、井の中の蛙状態で働くのはとてももったいないです。

建築業界に特化した転職サイト

建築士が転職活動をするのにおすすめのサイトを紹介します。

面接通過率90%!建築・設備・土木に特化した転職支援サービス【転職設計事務所】

このサイトは 、他の転職サイトとは違い、建築業界に特化したサイトです。

転職を成功させるか失敗させるかは、転職斡旋してくれる元の能力に大きく依存しています。

どうせ転職するなら、しっかりスキルアップできるように準備してから、

転職したのに前より条件が悪くなったという事態にならないようにしましょう。