広島市立基町高等学校 原広司

広島市立基町高校

設計

原広司

建築概要

外観からわかるように、この高校は、原広司によって設計されました。市立高校では珍しく、内部はエスカレータが整備されており、京都駅を縮小したような印象の建築です。

大胆な吹き抜けをつくるなど斬新な設計がされていますが、教室をつなぐ廊下やエスカレータ部分は、半屋外となっており、学校に通う生徒は冬は寒すぎて常にひざ掛けを手放せないような環境になっており賛否両論のある建築です。

2016年に公開された新海誠監督による日本のアニメーション映画「君の名は」に登場する東京に暮らす男子高校生立花瀧の通う高校のモデルにもなっています。

一般の高等学校なので、普段は関係者以外立ち入り禁止ですが、文化祭の日は中まで入ることができます。

文化祭の日は賑やかなので、訪れてみると良いかもしれません。

所在地

〒730-0005

広島県広島市中区西白島町25−1

地図