みかも喫茶,髙本圭三,NUDE ELEMENTARY

「みかも喫茶」
設計 髙本 圭三(Keizo Takamoto)/NUDE ELEMENTARY
敷地 徳島県三好郡

みかも喫茶は、桐下駄(きりげた)の情報発信と住民の交流拠点をめざし、ギャラリーカフェとしてオープンしました。

店内にはきりげた約15種類の展示・販売と、カウンターとテーブル席合せて27席、テラスに8席が常設してあります。

 

また、ペットと来店できるようにドッグランも併設してあるのも魅力の一つです。

場所は、徳島県三好郡東みよし町。

この町には桐下駄を気軽に手に取ったり、試し履きできる場所がないため、ショールームを兼ねた喫茶店を開くことにしました。

オーナーは県内唯一のきりげた製造業者「斎藤桐材工業」と深い関わりがありきりげたのインターネット販売「みかも木履」も手掛けています。

店内の桐下駄は完成品を買うことも可能ですが鼻緒と土台を選べるセミオーダーができるので、自分だけの桐下駄創りを体験できます。

また、スタッフは全員和装ではなく洋装に下駄を着用しお客様をお迎えしており、和服だけでなく洋服にも合わせることのできる桐下駄の魅力を伝えています。

最近では、児童発達支援などを行うNPO法人はびりすと共同開発して、発達に不安を抱える子どもの運動能力や平衡感覚の向上のため作られた「ベんがら下駄」が人気を集めており、下駄の多様な可能性を提案し続けている注目の会社です。

店内には地域のワークショップ等にも使えるようにプロジェクターやスクリーンが備えられており、コミュニティ形成に必要な重要な街の拠点です。

少子高齢化で住民が交流する機会が減る中、「人がつながり、憩える場所を作りたい」というオーナーの思いが実り、地域の人が集いつながる場として町民に愛されています。

▽---gallery---

▸MIKAMO MOKURI

http://mikamomokuri.jp/

▸設計

髙本 圭三/NUDE ELEMENTARY

http://www.nude-e.jp/

▸Instagram