家づくりの中で大切な性能の一つである『断熱性能』は、そ住まい手の体の『健康』にどんな影響を与えるのでしょうか。

断熱性能の低い家

断熱性能の低い家とは具体的にどんな家なのでしょうか。

よくあるのは、夏は暑くて、冬は寒い家です。

特に夏は最上階(2階建なら2階部分です)がとても暑くて、冬は最下階(1階部分)がとても寒い家です。

これはあたたかい空気は上に上がり、冷たい空気は下に降りていく性質によるもので、住空間の不快さを助長しています。

また、地球上の気候変動は大きく、年々暑さが厳しくなってきています。

少し前までは、クーラーをつけてもなかなか効かない、夜中なかなか寝付けないといった不快な住空間を持つ家が多く生産されていました。

近年は、多くのハウスメーカー・工務店による住宅は断熱性能を重視した設計が増えましたが、まだまだ断熱性能の低い家も建てられているのが現状です。

キーワードは『熱』

断熱性能が住宅に与える効果はつまり、住宅内の熱の出入りのしやすさにあります。

断熱性能が優れている家は熱の出入りが小さく、断熱性能が劣っている住宅では熱の出入りが大きいのです。

断熱性能については、後ほど説明します。

では、熱の出入りが大きい断熱性能の劣っている住宅は、人の健康面にどのような影響を与えるのでしょうか。

コールドショック

家が原因による健康被害において、最も危険なものは冬に起こる「コールドショック」と呼ばれる現象です。

コールドショックとは、急激な温度変化がもとで心筋梗塞や脳溢血などを引き起こし、死亡原因になっています。

急激な温度変化はどこで発生するのかというと、最も多いのがお風呂場です。

お風呂のお湯に浸かる温度と、洗面脱衣室の温度に大きな温度差があるためです。

最近のユニットバス(ユニット工法によって作られるお風呂)の性能は高く、昔みたいにお風呂場の床が冷たくて体を洗うときに足の裏が冷たいなどはなくなりました。

ユニットバスは、住宅設備会社が組み立てればどこでも同じ品質を保てるように開発している商品であるため、お風呂場の断熱性能はとても優秀です。

しかし、お風呂場を出た後の洗面脱衣室は、住宅の断熱性能によります。

どんなにお風呂場が暖かくてもそれはお風呂場だけなので、住宅の断熱性能を上げ部屋ごとに温度ムラをなくすことが、コールドショックを防ぐために必要なのです。

体調を崩しやすくなる

人は恒温動物なのはよく知っていると思います。

恒温動物は、気温の変化に対して血液の流れを調節することで体温を一定に保とうとします。

夏の暑い日は、人体の血液の流れを活発にして、水蒸気や汗によって熱を体の外に出すことで体温の上昇を抑えます。

冬の寒い日は、人体の血管を縮めて血の流れを減らし、体から熱を逃げにくくしています。

しかしこのような体温維持を行おうとすることは、人体に大きな負荷を与えます。

そして、気温の厳しい空間に居続けると、体温調節が上手くいかなくなり、体調を崩してしまうのです。

断熱性能とは

そもそも日本の気候は夏は暑く冬は寒いため、家の中も暑い寒いが生じるのは当たり前だと思っていませんか。

実は、どんなに厳しい気候でも断熱性能の違いによって家の中の温度は全く異なるのです。

先ほども説明したように、断熱性能が住宅に与える効果、住宅内の熱の出入りのしやすさにあります。

断熱性能が優れている家は熱の出入りが小さく、断熱性能が劣っている住宅では熱の出入りが大きいです。

その熱の出入りを遮断する性能が断熱性能と呼ばれており、住宅がもつ断熱性能の良さは数値によって表されています。

熱損失係数(Q値)

越損失係数は、値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。

熱損失係数は、住宅が外と接している外壁や屋根(天井)・床などの各部位からの逃げる熱の量(熱損失量)の合計を住宅の延床面積割って計算します。

単位;Q値 (W/m2K)

外皮熱貫流率Ua値

外皮熱貫流率も同じく、数値が小さいほど性能が高いことを表します。

異なる点は、住宅が外と接している外壁や屋根(天井)・床などの各部位からの逃げる熱の量(熱損失量)の合計外皮面積(外壁や屋根(天井)・床)で割って計算します。

面積で割るか、外皮面積で割るかの違いですね。

これらは、計算方法が違えど、どちらも断熱性能の高さを表しています。

では、どちらを見ればよいのかというと、細い話になるため割愛しますが、それぞれ計算に反映できない点などがあるため、どちらにも良い点・悪い点があります。

そのため、どちらの数値も確かめることが大切になってきます。

単位;Ua値 (W/(㎡・K))

断熱性能の良い家づくりをするために

屋根に当たる太陽の熱をしっかり断熱しよう

夏も冬も断熱は大切ですが、屋根に関しては特に夏の暑い熱の流入を防ぐ断熱が重要です。

屋根の断熱方法にも大きく分けて2種類あり、1つめが『屋根断熱』、2つ目が『天井断熱』です。

『屋根断熱』

屋根断熱は、屋根に沿って断熱材を入れて屋根に溜まった熱を家の中に入れないようにする方法です。

『天井断熱』

天井断熱は、天井上に断熱材を敷き天井から外部の熱が入ってこないようにする方法です。

では、2つの断熱方法の違いは何なのでしょうか。

それは屋根裏空間の温度です。

屋根断熱は屋根のすぐ下に断熱材があるため、屋根裏空間には熱が入りにくいです。一方天井断熱の場合は、屋根裏空間までは熱が入ってきて天井にさしかかる段階で断熱します。

それにより、天井断熱では屋根裏空間に熱が溜まってしまうのです。

おすすめの記事