従来から建築士の高齢化が目立っており、1級建築士に関しては現在平均年齢は50歳を超えています。

これから高齢資格保有者世代が引退すると、一気に現役建築士の数が減ってしまうことが予想され危惧されているのです。

そのため若い層の資格取得を増やすことが目指されています。

そんな中、かねてから話題になっていた建築士試験を見直す改正建築士法が、2018年12月8日、参院本会議で可決・成立しました。



改正の概要

資格

建築士試験の受験資格である実務経験をなくそうとしている法律です。

この法律が適応されるのは、一級建築士二級建築士木造建築士です。

例えば今まで4年生大学で規定の単位数を取得した人は実務経験最短2年で1級建築士試験を受験することが出来る仕組みだったものが、実務経験を必要とすることなく試験を受けることが出来るようになります。

注意点

ポイント

しかし、注意したいのは実務経験なしで建築士の免許がもらえるわけではない点です。

試験自体は実務経験については規定が無くなりますが、免許がもらえるのは実務経験を要するというものです。

1級建築士の場合は、従来

受験資格を満たす→試験受験→試験合格→免許登録

という工程で、受験資格に2年間の実務経験と規定の単位や経験が必要でしたが、試験に合格するとすぐに免許登録が可能でした。

しかし改正後では、

受験資格を満たす→試験受験→試験合格→免許登録

工程は同じですが、受験資格に実務経験が不要になる代わりに、免許登録時までには実務経験が必要となります。

そのため、試験自体はすぐに受けることが出来るようになるが、実務経験はどちらにせよ免許登録時には必要ということになります。



実はまだ大枠しか決まっていない

困る

この法律は最短で2020年から適用されるということですが、実際にはまだ法律の大枠しか決まっていないため、2020年に必ずしも実務経験がなくなるかどうかは分からないのが現状です。

特に詳細部分がまだ決まっていないため、どの段階から受験が出来るようになるのかや、学科試験と製図試験両方とも実務経験がいらなくなるのか分かりません。

例えば、受験資格についていつから受験できるのかも重要で、所定の単位を取り終わったら受験可能ということになれば、4年生大学に在学中に単位を取得し終わった場合大学在学中に一級建築士の試験をパスしている状態で卒業することが可能ということになります。

また、学科試験と製図試験両方とも実務経験がいらない仕組みになるのかという点も気になるところです。

施工関係の資格の中には、学科のみ在学中に受けることができ、実技は実務経験を積んでからでないと受けることが出来ないものもあるため、建築士試験も学科試験のみ実務経験を必要とせずに受けることが出来るが、製図試験はあ実務経験を必要とするなどという形式になる可能性も0ではありません。

法律の詳細部分によって制度が大きく変更になる可能性があるので、これからの動向に注目ですね。



 

おすすめの記事