建築に役立つおすすめ資格一覧【スキルアップ・転職を考えている人必見】
建築・デザイン 資格・スキル 転職

建築に役立つおすすめ資格一覧【スキルアップ・転職を考えている人必見】



建築業界で働く人で、現在スキルアップを考えている人・転職を考えている人、またはこれから建築業界に入りたい人、大学生、高校生に、建築に役立つおすすめ資格を紹介します。

オススメの資格を紹介する前に、まずは資格を取るとどんなメリットがあるのかを述べていきます。

落合陽一に学ぶ→
20代のうちに読みたい本



資格を取るメリット

収入 儲け

昇進・昇格が早くなる

企業によっては、資格を持っているか持っていないかを昇進の基準にしているところもあります。そうした社内制度や習わしがあるところでは、資格を持つコトがキャリアアップの近道となります。資格が評価対象に入っているのか、会社に聞いてみるといいかもしれません。

昇給が可能になる

これもすべての企業がそうではありませんが、建築士や宅建士の資格を持っていると給料に資格手当がプラスされるところがあります。

直接給料に反映されるため、収入アップを期待することができます。自分の会社の就業規則を調べてみましょう。

就職・転職が有利になる

建築業界は、資格取得者を優遇する会社も多く見受けられます。建築士などの国家資格は、資格がないとできない仕事内容も多いため、あるのとないのでは大きく差が開きます。

また、近年では改築需要が高まっているため、民間資格でもインテリアプランナーなど内装に関わる資格は優遇される傾向にあります。

フリーランス(独立)が可能となる

資格を持っていると必ず独立して仕事を得ることができるわけではありませんが、資格がないと仕事を取りにくい、または建築士の様に業務自体を行うことができないというものもあるため、取っていると独立の際に有利に働きます。

会社に新しい可能性を与える

自分の会社の業務に必要なかった資格でも、自分が取得していることにより、会社がいままで進出できなかった分野に乗り出す可能性を作ることができます。その時、自分が中心となって企画を進めていける楽しさも味わえるかもしれません。

お客様に信用を与える

資格は、自分の知識を高めるだけでなく、素人のお客様に信用を持ってもらうためのツールにもなります。

このようなメリットがあるため、もし必要だと思う資格があれば、時間を作っていろいろな資格にチャレンジするべきだと思います。

また、資格の勉強は、資格自体を使わなくても、知識を入れるきっかけを作ってくれます。

今度勉強しようと思って、ずっとやらずに時間が流れてしまうことを 防止してくれますので、この機会に考えてみてください。

建築士系

枚方T-SITE 日建設計

ここからは、「建築士系」の資格の内容と一般的に言われている難易度・受験資格を簡単にまとめてみました。

建築士と一言に言っても、種類は多く、受験資格も様々です。

昔に比べて建築士の種類も増えたので、仕事の分野に合った資格を取得する必要性も上がりました。

二級建築士(国家資格)

受験資格

①大学(短期大学を含む)又は高等専門学校において、指定科目を修めて卒業した場合 実務経験なし

②高等学校又は中等教育学校において、指定の科目を修めて卒業した場合 卒業後実務経験3年

③その他都道府県知事が特に認める者に適合する者もろもろ 所定の実務経験年数(建築設備士の場合は実務経験なし)

④建築とは関係のない高校を卒業した場合 実務経験7年

試験内容

一次試験;学科試験

二次試験;製図試験

合格率

約20〜25%

資格

大学で建築学科などの所定の単位を取得し卒業した人は、実務経験2年でいきなり一級建築士を受験することが可能ですが、それ以外の人はおそらく2級建築士を受験してから、スキルアップとして1級建築士に進まれるのではないでしょうか。

2級建築士(または1級建築士)を取得するメリットとしては、住宅に限らず、法律で決められた大きさ以上の建築物を設計・施工監理するには必ず必要になるからです。

建築士の免許がなくても設計・施工監理ができる例

延べ床面積100㎡を超えない木造建築物

しかし、延べ床面積100㎡を超えない木造建築物だからと言って、構造・景観など法律や条例で規定されていることを守らなくても良いというわけではありませんので、建築の知識は必要になります。そのため、そういった事例でも建築士に設計・施工監理を頼むケースがほとんだと言えます。

とはいうものの、設計士・現場監理をする人のすべての人が建築士の資格を持っているわけではなく、事務所に所有者がおり、その人が設計者として申請を出していれば、他の人は資格を持っていなくても設計業務をすることはできます。

(そうでないと、大学を出ていきなり1級建築士を受験する人は実務経験を得るコトができないですもんね)

現在建築士の資格を持っていないが、建築の設計・施工監理業務を行っている人で、このままこの会社で働き続けるから必要ないと思っている人もいるかもしれませんが、その会社に何かあって会社が潰れてしまったり、何らかの理由でその会社を出ていかなければならないことも予想できます。

そうなったときのためにも、2級建築士は取得しておくべきでしょう。

また、資格手当を狙える効果もあります。

5000円〜10000が資格手当として毎月給料にプラスされることが多いです。

そういったことも期待できるので、受験資格を満たしている人は、挑戦してみるのもいいでしょう。

二級建築士の勉強方法→
二級建築士は独学が理想

 

基本的には、2級建築士は、木造の住宅や小規模な鉄筋コンクリート造などの建物(延べ面積300m2以内のもの)などの設計及び工事監理が可能です。

二級建築士が設計・工事監理のできる限度範囲は、以下のとおりです。

  1. 学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店などの公共建築物は延べ面積が500m2以下のもの
  2. 木造建築物または建築の部分で高さが13mまたは軒の高さが9m以内のもの
  3. 鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が30m2 – 300m2、高さが13mまたは軒の高さが9m以内のもの
  4. 延べ面積が100m2(木造の建築物にあっては、300m2)を超え、又は階数が3以上の建築物(ただし、第3条の2第3項に都道府県の条例により規模を別に定めることもできるとする規定がある)。

一級建築士(国家資格)

受験資格

①大学(旧制大学を含む)において、指定の科目を修めて卒業した場合 卒業後実務経験2年以上

②3年制短期大学(夜間部を除く)において、指定の科目を修めて卒業した場合 卒業後実務経験3年以上

③2年制短期大学又は高等専門学校において、指定の科目を修めて卒業した場合 卒業後実務経験4年以上

④現在、二級建築士の場合 二級建築士として実務経験4年以上

⑤現在、建築設備士の場合 建築設備士として実務経験4年以上

⑥その他国土交通大臣が特に認める者の場合 所定の実務経験年数以上

試験内容

一次試験;学科試験

二次試験;製図試験

合格率

約12%

資格

一級建築士は、次のような複雑・高度な技術を要する建築物を含むすべての施設の設計および工事監理を行うことができます。

  1. 学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店の用途に供する建築物で、延べ面積が500m2を超えるもの
  2. 木造建築物または建築の部分で、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの
  3. 鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が300m2、高さが13m、または軒の高さが9mを超えるもの
  4. 延べ面積が1000m2を超え且つ階数が2階以上のもの

構造設計一級建築士(国家資格)

受験資格

一級建築士として5年以上の構造設計に関わる業務経験を持ち、構造設計一級建築士講習を受講した後、修了考査に合格したもの。

合格率

約30%前後

資格

国が決めた一定規模以上の建築物(木造で高さ13m超又は軒高9m超、鉄骨造で階数4以上、RC造又はSRC造で高さ20m超、その他政令で定める建築物)の構造設計については、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、構造設計一級建築士が法適合確認を行うことが義務付けられているため、それらが主な業務内容となっています。

設備設計一級建築士(国家資格)

受験資格

一級建築士として5年以上の設備設計に関わる業務経験を持ち、設備設計一級建築士講習を受講した後、修了考査に合格したもの。

一級建築士に加え建築設備士の資格を有する者は、4年以上の設備設計に関わる業務経験があるもの。

合格率

約65%

資格

国が決めた一定規模以上の建築物(階数3以上かつ5000m2超の建築物)の設備設計については、設備設計一級建築士が自ら設計を行うか、設備設計一級建築士が法適合確認を行うことが義務付けられているため、それらが主な業務内容となっています。

木造建築士(国家資格)

受験資格

①建築系の短大・大学を出た場合 実務経験なし

②高校の建築・土木科を卒業した場合 3年の実務経験

③土木学科の大学や短大、高専卒業した場合 1年の実務経験

④建築とは関係のない高校を卒業した場合 7年の実務経験

合格率

約20〜25%

資格

木造の建築物で、延べ面積が100m2を超えかつ、300m2以内、かつ2階以下のものを設計・工事監理することができます。

一級建築士または、二級建築士であれば、同様の設計又は工事監理をすることができます。

管理建築士(国家資格)

受験資格

建築士として3年以上の実務経験を経た後、管理建築士講習を受け修了考査に合格した者だけが管理建築士となることができます。

合格率

ほとんど合格

資格

理建築士とは、建築士事務所を管理する建築士で、その建築士事務所の業務に係る技術的事項を総括する者とされています。

つまり、建築士事務所を運営するには必ず管理建築士がいる必要があります。

また、複数の建築士事務所の管理建築士を兼ねることはできないことになっています。



インテリア・空間デザイン系

武雄市図書館内観3 佐賀県武雄市 佐藤総合計画

近年新築需要が低くなっている反面、リフォームやリノベーション、コンバージョンなどの改装需要が上がってきています。

また、ミニマリズムの暮らしやシェアハウスなど、住まい方・住環境に対する一般の人の意識が上がってきており、

インテリアや空間デザインのスキルが活かせる時代になってきています。

インテリアや空間デザインは女性に人気の分野ですので、資格を持っていると、女性の社会進出を手助けする働きもあります。

また、近年は谷尻誠さん(supose design offce)など建築化されたインテリアをデザインする人も人気になっています。

そのため、建築士と合わせてインテリアや空間デザインの資格も持っていると、スキルアップや転職、独立をするときにも有利に働きます。

インテリアコーディネーター(民間資格)

受験資格

一次試験;誰でも受験できる

二次試験;一次試験に合格している者

*二次試験で不合格になった場合は、次年度から三年間は一次試験を免除される。

試験内容

一次試験;学科試験

二次試験;論文・プレゼンテーション

合格率

約25%前後

資格内容

快適な空間を演出するために、空間のプランニング、見積もり、商品の選択、施工管理など幅広い知識を使い仕事をします。

ものがあふれている時代だからこそ、お客様が求めている住環境に必要なインテリアの選定・設計をしてあげるのがインテリアコーディーネーターです。

インテリアコーディーネーターの知識を持っていると、自分の生活をより豊かにすることもできるので、持っていて損はない資格です。

この資格を活かすには、ハウスメーカーや工務店、建築設計事務所、インテリアショップなどがおすすめです。

インテリアコーディネーター資格試験サイト

https://www.interior.or.jp/examination/ic/

キッチンスペシャリスト(民間資格)

受験資格

総合コース試験;誰でも受験できる

学科コース試験;誰でも受験できる

実技コース試験;誰でも受験できる

試験内容

総合コース試験;学科・実技の両方を受験

学科コース試験;学科のみ受験(合格後3年間学科を免除)

実技コース試験;実技のみ受験(合格後3年間実技を免除)

合格率

約40%前後

資格内容

キッチンは、従来の食事を作るだけの場所という意味合いを超えて、創作する場、空間のイメージに関わる設備、コミュニケーションを生み出す場など様々なニーズがあります。

消費者のニーズを汲み取り、最高のキッチン空間を作り出すのがキッチンスペシャリストの役目です。

学科では、キッチンにまつわる、料理の知識や、キッチン自体の設備の知識、また、使いやすさに関わる人間工学など幅広い分んやから出題されます。そのため、建築や空間デザインの仕事をする人は、合わせて取ると設計の幅が広がるでしょう。

実技の試験では製図が求められます。簡単な資格に思えますが、キッチンの提案をするにあたり、平面図や展開図なども必要となっているため、設計に慣れていない人は勉強に時間がかかるかもしれません。

照明コンサルタント(民間資格)

受験資格

誰でも受験できる

試験内容

講習のみで取得

※数回の講習と講習後に行われる試験、レポートの提出が求められる特殊な試験であるため、抵抗がある人もいます。

しかし、高い合格率からもわかるように、それほど難しい試験内容ではありません。

合格率

約85%前後

資格内容

照明についての幅広い知識を使い、その空間や消費者の要望に最も合った照明の提案をするのが照明コンサルタントの仕事です。

照明業界で働く新入社員、建築業界、インテリア・空間デザイン業界、大学生などが主な受験者を占めます。

リビングスタイリスト資格試験(民間資格)

受験資格

2級・3級試験;誰でも受験できる

1級;2級合格者

試験内容

2級・3級試験;マークシート試験

1級;2級の販売知識・商品知識に加え、より幅広い専門的な知識

合格率

約70%前後

(1級も約70%前後)

資格内容

住生活商品の販売を行う際に適切な説明や提案をするセールスアドバイザーです。

お客様の疑問を解決し、より顧客満足度を高める役割を担っています。インテリアデザイナーなどの設計業務というよりは、流通業界での活躍が期待できる資格です。

また、リビングスタイリストの特徴としては、男女比で見ると約7割が女性、年齢比較で見ると約5割が学生という結果があり、若い女性に人気の資格と言えるでしょう。



不動産系

建築 都市計画

宅地建物取引士(国家資格)

受験資格

試験;誰でも受験できる

*宅建業(不動産業)に従事している方は宅建登録講習と言われる法定講習を受けることができます。
この講習を受けると、修了日から3年以内の宅建士試験で5問が免除されます。
講習は様々な民間機関で行っていますので、受講資格がある人は受けなければ損です。

試験内容

試験;記述試験

合格率

約15〜17%前後

資格内容

宅建士(宅地建物取引士)は、他人の不動産(土地や建物)の売買・交換・賃貸の媒介・代理を行うに当たって必要な免許で一般的には宅建と呼ばれています。

自分の物件を自分で販売・交換する場合も必要です。

ただし、自分の物件を賃貸する場合は必要ありません。(←自分の物件で不動産経営などをする場合)

この資格は、様々な分野の業界で重宝されており、不動産会社だけでなく、銀行や建築業界でも持っていると有利に働くことが多いです。

資格手当も出ることが多いので、持っていると収入アップも望めます。

近年中古物件の売買の市場が大きくなっており、不動産業界や建築業界へ転職を考えている人は、持っていると大変みになります。

また、この資格のいいところは、建築士と違って、受験資格がないところです。実務経験などが存在しないため、他業種で働いていた人も、

独学または資格学校に通って取得することができます。

ただし、宅建業務に従事している人は、講習を受けると試験で5免除されることができます。

宅建は50点満点で合格点がだいたい30点〜35点くらいの試験ですので、そのうち5点が最初から手に入っている状況からスタートできるのはかなり大きいです。

そのため、宅建業界の人が有利なのは事実でしょう。

資格の難易度ですが、以前、宅地建物取扱主任者という名前の資格だったころは簡単に取れる資格でした。

しかし、2015年より宅地建物取引士と変更され、格上げされたため、難易度があがりました。

とはいえ、建築士と比べると製図などの実技試験がないので、比較的受けやすい資格と言えるでしょう。

宅建試験サイト

http://www.retio.or.jp/exam/