設計者

山本理顕

建築概要

消防署などの建物は、一般的には閉じたつくりになっていることが多く、中でどのような活動が行われているのかが、市民にはわかりにくいというのが現状でした。

しかし、この広島市西消防署は、あえて内部空間を街に見せることによって、中でどのような活動が行われているのかを積極的に開示するコンセプトが取られています。

署の外壁は、ガラスのルーバーになっており、計算された角度に取り付けられています。

そのため、内部の透明感を出しながら、しっかり日差しはカットできるように設計されています。

この建築の設計は山本理顕氏によるもので、コンペによって選ばれました。

広島市西消防署は希望すると中を見学することが可能となっています。

興味がある人はぜひ見学してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

見学方法

消防署の見学は、事前の予約は必要ありません。

当日、署の一回の受付で見学を希望する旨を話せば、見学できます。

所在地

〒733-0023

広島県広島市西区都町43−10