最近「リフォーム」や「リノベーション」といった単語を良く耳にするようになったのではないでしょうか?

では、「コンバージョン」をご存じでしょうか?

建築関係の方には馴染みの言葉ですが、そうでない方にはまだまだ浸透性の低い用語だと思います。

実は、「コンバージョン」は、「リフォーム」「リノベーション」と並べて3セットで考えられるものなのです。

これら全てに共通するのが「改修工事」であることです。

ここからは、3つの違いを説明していきます。

「リフォーム」と「リノベーション」は、どこまでが「リフォーム」でどこからが「リノベーション」なのか厳密に区別を着けることが難しく、実際にそれほどシビアに使い分けされていませんが、一般的な定義を述べていきます。

リフォームとは

リフォームは、3つの中では最も聞く機会が多いと思います。

リフォームとは、Re Form=「元の状態に戻す・現状回復」という意味です。

例えば、長年使い続けた住宅では、キッチンやバスルームが古くなって、水漏れしたり、金属部分が錆びてきたりなど、不便になってくることがあると思います。

その時に、元のものと同等のスペックのキッチンやユニットバスを元の位置に入れ替える改修工事をするのがリフォームです。

リノベーションとは

リノベーションとは、Renovation=「刷新する・前より良くする」という意味です。

例えば、先程のリフォーム事例のようにキッチンやバスを新しいものに変更するとき、もとの状態にそっくりそのまま戻すのではなく、キッチンの向きを変えて会話しながら料理をすることができるようにしたり、バスを広くして使いやすくしたりと、前とは違う新しい価値を生み出す改修工事リノベーションと呼びます。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、conversion=「変換」という意味です。

何を変換するのかというと、建物の用途です。

例えば、もともとオフィスとして使われていた古い空きビルを、細かく仕切ってキッチンやバスを入れて住宅に改修工事するなどをコンバージョンといいます。

まとめ

ちょっと、説明では分かりにくかったかもしれないので、図で表すと

リフォーム

A → A-→ A

リノベーション

A → A-→ A+

コンバージョン

A → A-→ B

となります。

今度、改修工事を見つけたら、どれに当たるのか確認すると、建築が面白くなるかもしれません。